サーダニ国立公園

公園紹介

サーダニ国立公園は、バガモヨとパンガニ、ザンジバルを結ぶ歴史ある三角地帯の中央に位置し、総面積1100キロ平方メートルの大地に広がる公園。タンザニア内で唯一の海に接する野生動物保護区です。海岸性の気候で、気温と湿度が高いのが特徴。文化的な魅力に溢れる環境の中で、海と大陸の両方に生息する動植物の独創的な組み合わせが訪れる人を楽しませます。公園内には、約30種の大型哺乳類を始め、数多くの爬虫類と鳥類がいます。それ以外にも、近くの海では、魚類(40種以上)やミドリガメ、ザトウクジラ、イルカが生息しています。     

2005年に設立された保護下にある生態系は、旧サーダニ動物保護区や旧ムクワジャ放牧地域、ワミ川、ザラニンゲ森林で構成されています。公園と境界線を接する地域には、数多くの村々が点在しています。国立公園に合弁されるまでザラニンゲ森林は、世界自然保護基金(WWF)により管理されていました。同基金は、タンザニアに残された最後の海岸地域にある熱帯雨林のひとつにおいて、極めて豊富な植物多様性の保護を目標に掲げていました。

歴史・文化

サーダニは、かつて東アフリカで重要な港町で、奴隷貿易の中心地でした。現在では、漁業を中心とする人口約800名の小さなスワヒリの漁村です。公園に隣接する他の村々は、特にココナツの栽培を中心とする農業で生計を立てています。

ポルトガルとアラブの支配から離れた後、18世紀と19世紀には、国際的に象牙と奴隷の需要が高まったことを受け、この地域は重要性を増していきました。タボラからザンジバルと長距離の交易路を結ぶ新しい貿易の中心地として、現在のサーダニ村は、バガモヨやパンガニなどの町と共に栄えていきました。19世紀の終わりに、ブワナ・ヘリ・ビン・ジュマがサーダニを統治していました。口承伝統によると、この人物は神話中で村の基礎を築いた英雄で、町を征服するために攻撃を仕掛けてきたザンジバル人に対し抵抗し、1882年にサルタンの軍を打ち負かしました。1886年、ドイツ保護領の境界線が定められました。その2年後、海岸地域の住民はアブーシリー・ビン・サーリム・アル・ハルシーとブワナ・ヘリの共同指揮の下、ドイツに対し組織的な抵抗を開始しました。1889年6月6日、サーダニは爆撃を受け、町はドイツ軍の手に落ちました。それでもブワナ・ヘリは、ドイツ軍から尊敬すべき敵と評価されていたこともあり、サーダニの再建を任されました。

サーダニとバガモヨのキャラバン貿易は19世紀の終わりに衰退した一方、ダルエスサラームが海岸地域で最も重要な貿易の中心地としての役割を果たし、その重要性が増していきました。米や砂糖、コプラなど、海岸沿いでザンジバルやインド洋地域への輸出のために行われていた生産活動は、ドイツの侵入を境に行われなくなりました。その代わりとして、ヨーロッパ市場向けのコーヒーや綿花、シサル麻の生産が行われるようになりました。第一次大戦後、保護領の所有が大英帝国へと移った後、サーダニ一帯には、シサル麻やジャワ綿、カシューナッツの栽培地、さらには牛の放牧場が設けられました。廃墟となった石の家は、見る人に今日でも過去の輝かしい日々を思い起こさせます。サーダニには、かつてドイツが使っていたボマ(政府機関の建物)があり、数基の墓石も目にすることができます。

サバンナ

サーダニ国立公園の湿気の多いサバンナは、見分けやすい3タイプに分類されます。まず、背丈のある草が生い茂るサバンナで、最高2メートルに達する草が地表を覆い、ヤシの木が点在します。次に、短い草の牧草地で、以前シサル麻の農園があった場所の大部分を締めています。最後に、ブラックコットンソイルの平原で、土壌が粘土質なので、独自の過酷な条件を形成しています。

さらに、これら3タイプの程度差を見分けることが可能です。サーダニでは、長いトゲのあるアカシア属が一般的で、公園の大部分で生育しています。       

背丈のある草が生い茂るサバンナには、最高850キロに達するバッファローが生息し、サーダニ国立公園内では、草をはむシカレイヨウの群れをいくつか目にすることができます。公園の各所では、ウォーターバックの姿を見かけます。この体重が最高270キロにも達する草食動物は、尾の周囲に白い輪があるので目印になります。サーダニ国立公園内では、リードバックの個体数が集中していますが、この中型アンテロープ(45キロ)は高い草の中で背をかがめて隠れてしまうので、見つけるのが難しいかもしれません。イボイノシシも数多く生息し、サーダニ村まで姿イボイノシシを現します。村の住民は大部分がイスラム教徒なので、イボイノシシに危害を与えないことを学んだのでしょう。        

世界一背の高い動物で、タンザニアの国を象徴する動物でもあるキリンは、サーダニ国立公園内に数多く生息しています。トゲのあるアカシアの新芽を食べるのに非常に適した特殊なカルス板が舌にあります。   

丈の短い草に覆われたサバンナでは、シロヒゲオグロヌーの大群も草をはんでいます。1970年代に、公園内にヌーの群れが放たれました。ヌー以外に放たれた動物は、サバンナシマウマとエランです。

公園内では、アフリカ最大の肉食獣であるライオンも生息していますが、めったに姿を見せません。夜間には、ハイエナの鳴き声を耳にしたり、ジェネットやヤマアラシ、ジャコウネコと遭遇したりします。それ以外には、公園の敷地内でブッシュバックや河猪、キイロヒヒ、長尾ザルの姿を見かけることがあります。

河川・海

東から西へと進むにつれて珊瑚礁のある大海原が、マングローブの森や塩田、露出した塩土で特徴付けられる汽水域生態系へと姿を変えていきます。さらに内陸部では、多数存在する季節により現れる川とダムを除くと、ワミ川が最も重要な淡水供給源の役割を果たしています。

引き潮の時には、海岸線が最高100メートルも沖に引くので、地元の住民や野生動物にとって便利な通り道になります。ダルエスサラーム北部のみに位置するこの海岸には、今でも産卵のためにウミガメが訪れています。最も一般的な種類は、ウミガメで最大の大きさを誇るミドリガメ。カメは、海岸にいるタマゴ泥棒以外では、とりわけ商業漁獲や水質汚染による脅威にさらされています。公園の海上拡張部分にはマフイ砂州がありますが、その珊瑚礁は、多くの魚類にとって重要な繁殖場となっています。

 常緑マングローブの木は、ちょうど海抜と同じの海水と真水が交わる地帯で育ちます。この塩分への耐性と潮の干満がある森林は、多くの鳥類やコウモリ、サル、カバ、爬虫類にとって、休息と繁殖の場を提供します。この保護された生息地には、エビなど多数の魚類も産卵を行います。耐性のあるマングローブ材の需要が高まると開発が進むので、森を保護することの重要性が増しています。サーダニ国立公園では、ワミ川流域に沿って大規模なマングローブの森が続きます。この一帯では、カバの大規模な群れを目にすることができます。また、ナイルクロコダイルの生息地でもあります。ワミ川は、カワセミやミサゴを始め、多種多様な渡り鳥のバードウォチングに最適な場所です。

森林・潅木

あまり知られていない海岸沿いの森林は、極めて豊かな生物多様性が特徴的。多くの植物は、この地域だけに生育しています(固有種)。森林は、土地の浸食を防ぐのに重要な役割を果たし、さらに水の循環を調節しています。ザラニンゲとクワムシシの2大森林以外でも、小規模な森林地帯と灌木の多くは、動物にとって重要な生息地となっています。これらの森林や灌木は、不法伐採や木炭製造、農地拡大による被害を受けやすい状況にあります。

サーダニでは、ゾウは比較的用心深く、通常日中は、公園内の木が茂った場所に隠れています。また、生い茂った低木や林(低木密生林)では、ヒョウの姿を目にします。このような動物は主に夜行性ですので、まれにしか目にすることはありませんが、人間のそばに住むこともあります。主に森に棲んでいて、目につきやすい動物として、グレートクーズーを始め、スニやダイカーなど小型のアンテロープの名が挙げられます。木の頂上には、コロブスモンキーが棲み着いています。他のサルと同様、葉を主食にしますが、夜行性ガラゴと数多くの果実食鳥類、昆虫や鳥類に限って食料としています。

旅行情報

陸路

サーダニ国立公園は、バガモヨから北に約45キロの場所に位置しています。建設中の橋が完成した時には、バガモヨ経由でダルエスサラームからワミ川を通って、簡単に公園へアクセスできるようになります。しかし現時点では、ダルエスサラームから公園へと向かうためには、チャリンゼ-ムサタ間の道路を200キロ以上ドライブする必要があります。

北部からは、タンガからフェリーでパンガニ川を渡って公園へ向かうことができます(75キロ・所要時間3時間)。公園から約40キロの場所には、ザンジバル諸島があります。

ダルエスサラームとサーダニ村、タンガとムクワジャ村の間を、毎日定期バスが走行しています。

空路

飛行機を利用する際には、ムクワジャまたはサーダニの滑走路を利用することができます。

注意:雨期(3月から4月)には、道路がぬかるむので、公園の南部地域を移動するのが難しくなります。旅行前には、必ず道路の状態について問い合わせをするようお勧めします。

宿泊施設

サーダニ近隣の村および公園本部のあるムクワジャでは、タンザニア国立公園(TANAPA)の簡易宿泊所とバンダをご利用いただけます。 ワミ川(キンヨンガ)流域やテングウェ、海岸のキャンプ地など公園内にはキャンプ場が数ヶ所あります。

これ以外にも、公園内外には、サーダニ・サファリロッジやキサムパ(KISAMPA)、眺めの良いテントなど民間運営の宿泊施設があります。

公園の規則

タンザニアの海岸地域の状況ならびに同地域の開発に関する多くの利害対立により、 サーダニ国立公園は、その存続に関する数多くの脅威に直面しています。最も深刻なのは、密猟の問題、そして、公園と境を接する地域で急増する人口に食料を供給するために、土地の需要が高まっていることです。訪問者の行動は、密猟者の罠と同じようにダメージを与えることがあります。

許可のない場所でオフロード走行すると、デリケートな生態系の繊細な土壌や草木にダメージを与え、特別な注意を要する繁殖期にある生物の活動を妨げる可能性があります。下記に記載した公園の一般規則に従うことで、サーダニ国立公園を保護し、その独特な特徴を守ることに役立ちます。

  • 最高スピード50キロを遵守。訪問者の安全性と野生動物の安全性のためです。
  • 夜間のドライブは禁止です(午後7時から午前6時まで)。
  • 指定された道路・路線のみを走行します。
  • 野生動物に対し嫌がらせや餌付け、妨害等の行為をしないでください。
  • 動物の近くで下車したり、車の上に立ったり身を乗り出したりしないでください。 
  • ミドリガメは絶滅の危機に瀕した生物で、産卵場所が限られています。親ガメや孵化したての幼ガメの邪魔をしたり、海岸の巣を荒らしたりしないでください。
  • 海洋植物は、非常にもろい珊瑚礁を生息地にしています。壊れやすい珊瑚を破壊したり、その上を歩いたりしないでください。
  • 植物や動物、骸骨、骨、岩、他の公園内にあるあらゆる物体は、何一つ動かしたりせず、現状維持のままにしておきます。
  • 動物や植物、他の物体を園内に持ち込まないでください。
  • 許可された場所でピクニックをします。 
  • ゴミはその場に残さずに、持ち帰るか適切に処理します。
  •  火災を防ぐために、タバコの火を消す際には必ず車の灰皿を使用して消します。
  • 許可を受けたキャンプ以外では火を使用しないでください。
  • 公園ゲートが開く時間は午前6時、閉まる時間は午後6時です。よく覚えておいてください。
  • 公園内には各自のリスクで入園します。

サーダニ国立公園経営陣スタッフは訪問者を歓迎し、皆様の滞在が快適なものになるよう望んでおります。

 

www.saadanipark.org

 

 

Fisherman at Saadani

 

Waterbuck

 

Two giraffes

 

Elephant

 

Three Zebras

 

Group of waterbucks