ニュース

 

17/11/2012

>タランギーレとサービス·デリバリー·エクセレンスのキリマンジャロ国立公園の勝利賞

賞 TripAdvisor (PDF)

12/10/2012

あなたは、あなたがマニヤーラ湖を訪れない場合、あなたがミスを知っていますか?

リカオン

"IUCNレッドリストによると、アフリカの野生の犬は肉食動物の中で最も絶滅の危機に瀕した種である。5犬の最近のパックは湖国立公園の南部に居住を取った"。

下の写真を参照してください。

African Wild Dogs in Lake Manyara National Park

African Wild Dogs in Lake Manyara National Park

African Wild Dogs in lake Manyara National Park

African Wild Dogs in Lake Manyara National Park

クリップスプリンガー

湖国立公園では、木にライオンを見ることが一般的です。しかし、最近、いくつかのクリップスプリンガーは公園で木登りに卒業しました。他にどこが木の上にクリップスプリンガーのペアを見つけることができますか?まだこの小説は、非常に稀な経験のために、湖国立公園ライオンやクリップスプリンガー登る木に来て下さい!

Klispringers climbing tree

セレンゲティ、自然の「地上で最も素晴らしいショー」を見物する   観光客でにぎわう

2012年9月17日

セレンゲティ国立公園には、地上で最も素晴らしいショーの異名を持つ、隣国で休息をとっていたヌーが公園内へ戻ってくる光景を見物するために、数え切れないほど多数の観光客が集まっています。

今年、タンザニア国立公園(TANAPA)では、伝説的なヌーの移動が到着するのを祝う特別イベントを開催しました。この大群は、150万頭のヌーを含む200万頭の有蹄動物で構成され、1ヶ月より短い期間を隣国で過ごしたと考えられています。まもなく、ヌーの大群はセレンゲティに戻ってきます。来年、マサイ・マラで短い休暇を過ごすために再び国境を越えるまで、一年の大半をこの場所で過ごすことになります。

セレンゲティで通常より早く雨が降りだし、大地に十分な草が育っていることで、ヌーはマサイ・マラでの休暇を予定より早く切り上げたようです。

隣国のマサイ・マラからセレンゲティに帰る途中、マラ川では、広くて深い川をシマウマやガゼルを含むヌーの大群が渡るとき、動物たちがジャイアントクロコダイルから逃げているのを目にすることがあるでしょう。

地球上で最も素晴らしいショーは、通常は1000キロ以上の距離で展開し、毎年12ヶ月の周期で行われます。移動する有蹄動物は、10ヶ月間をタンザニア(セレンゲティ・ンゴロンゴ生態系)で10ヶ月間、そしてケニアのマサイ・マラで2ヶ月間を過ごします。

パスカル・シェルテテ
広報部長
タンザニア 国立公園


 

 

公園料への変更

7月1日からの変更点 (PDF)

 

 

キリマンジャロ空港に注目する航空会社増加中

キリマンジャロ国際航空で行われたドーハ・キリマンジャロ便の就航式中にカタール航空エアバスA320から下りる運輸大臣・ハリソン・ムアキェムベ博士。

キリマンジャロ国際航空で行われたドーハ・キリマンジャロ便の就航式中にカタール航空エアバスA320から下りる運輸大臣・ハリソン・ムアキェムベ博士。

天然資源・観光大臣のハミス・ カガシェキ氏によると、初のフライトが昨日就航したカタール航空に続き、国際航空会社の一角をなすトルコ航空とエミレーツ航空の2社も、施設の修復管理プロジェクトを終えたキリマンジャロ国際空港(KIA)への直行便の就航開始を計画しているようです。

この管理プロジェクトをリードしたキリマンジャロ航空開発会社(KADCO)は、KIAの業務を管理しており、同空港を本格的な観光の中継地へと変身させるための入札を行い、すでにオランダに拠点を置く企業、オリオングランドファシリティーから3000万ドルの資金を確保しています。昨日、KIAで行われたカタール航空のドーハとキリマンジャロを結ぶ初フライト就航を祝う式典で、カガシェキ氏はスピーチの中で、KIAと世界各地が結ばれたことにより、タンザニアを訪れる観光客の数と国全体の収入が増加するのに大きく寄与すると語っています。

「私たちの国には、より多くの観光客を引き寄せる独創的な観光地があります。喜ばしいことに、高い評判を受けている航空会社が直行便の就航を開始したことで、世界各地からタンザニアへのアクセスが楽になります」

式典では、これ以前に、すでに運輸大臣のハリソン・ムアキェムベ博士がスピーチを終えており、カタール航空がドーハ・キリマンジャロ便の就航に挑む決定を下したことは、タンザニア経済に極めて大きな重要性を持つことになると述べています。
KADCO理事会の会長、ハッサン・ガンボ・キベロ大使は、同社は5つ星のサービスを提供するだろうとの期待を表しています。

「KIAを競争力の高い航空にするだけでなく、環境保護にも真剣に取り組むこともビジョンとして掲げています」一方、カタール航空のCCO、マルワン・コレイラット氏が式典中に行った発言によると、同社がドーハ・キリマンジャロ便の就航を開始することは、世界一流のサービスを提供するためのコミットメントであり、キリマンジャロは国内各地にある多様な観光地とのアクセスが可能になります。カタール航空は、KLMやエーデルワイス航空、コンドルエアー、エチオピア航空などの主要な航空会社と同じように、北部にある国際空港への就航を行います。

 

プレスリリース

ケニアで発行された2012年7月23日付デイリーニュース誌で、「ヌーの移動、放火により中断」という見出の記事が発表されました。同誌には、セレンゲティ動物保護区(実際は国立公園で動物保護区ではない)の北部にある地元住人達が放った火により、ケニアへの移動が足止めされているという記述があります。しかしながら、タンザニア国立公園(TANAPA)の経営陣は、下記の事実をご紹介することで、発表された記事の内容に誤認があるとします。

移動の年間カレンダー

通常、1年間にヌーとシマウマが移動する距離は、1000キロ以上に達します。このようなヌーを始めとする移動動物は、年間約2ヶ月という、ごく短期間をマサイ・マラで過ごす一方、残りの10ヶ月はセレンゲティで過ごします。このことは、下記の科学的に証明された移動カレンダーでも確認が可能です。これらの動物は、非常に数が多いので(150万頭)同じ場所に留まっていることが出来ないのです。新しい草地や近親交配を避けるために別の雄を求めて、移動する必要があるのです。

移動の年間カレンダーによると、まだマサイ・マラに移動の主な群れが到着する時期ではなく、9月と10月が適切な時期となります。現時点で移動の主な群れは、セレンゲティの西部から北部へと向かっています。

夏草焼き

記事で伝えようとしていた内容は、科学的に夏草焼きとして知られていることです。セレンゲティ国立公園の総合管理計画には、火災管理計画も含まれており、これに基づき夏草焼きが実施されます。草がまだ青いうちに、通常より早めに火を放つ行為は「夏草焼き」として知られています。ツェツェバエなどの害虫の数を減らすことから、乾期に火事を引き起こすゴミの量を減らすまで、さまざまな理由により火が放たれます。それ以外にも、種によっては、炎に焼かれた後ではないと発芽しないタイプ、または古い草が焼かれた後に新しい種が発芽するタイプがあり、夏草焼きを行うことで、新しい草の生長が促されるのです。同じ理由で北部地域の一部、具体的には、ウォガクリアからニャマルンブワ高原へ向かう一帯でも、夏草焼きが行われています。これらの地域は、ツェツェバエの数とゴミの量が多いことを理由に選ばれました。毎年実施されており、今までに移動の現象に影響を与えたことはありません。

今までの内容を要約し、タンザニア国立公園は一般の皆様に対し、ヌーの移動は記事の内容のような影響を受けていないこと、そして移動カレンダーに従って移動の群れがマサイ・マラを横切る時期は、9月または10月となることをお伝えいたします。繰り返しますが、現在、セレンゲティ北部では夏草焼きが行われています。わずか0.5キロ平方メートル以下の地区を対象に実施されているので、野生動物の行動パターンに一切影響を与えることはありません。これまで何年もの間、ヌーの移動に悪影響を与えることなく実施されてきました。北部以外のセレンゲティ周辺地に住む住民の方々は、環境保護への意識が高いので、このことを十分理解しておられると存じます。

パスカル・シェルテテ

タンザニア国立公園 広報部長アルーシャ

 

タンザニア国立公園における方針、投資手続き、顧客サービス憲章の見直し作業

2日間にわたりマニヤーラ湖で開催された会議終了直後に撮影したTANAPA拡大執行部の団体写真

2日間にわたりマニヤーラ湖で開催された会議終了直後に撮影したTANAPA拡大執行部の団体写真

タンザニア国立公園(TANAPA)執行部は、先頃、2日間にわたりマニヤーラ湖国立公園で会議を開催し、組織の方針を始めとするDALP(開発、行動、リース手続き)、顧客サービス憲章の見直し作業を行いました。

この会議では、計画・開発プロジェクト・観光サービス局長であるエゼキエル・デンベ博士が議長を務め、公園制定以来50年の間に起きた多様な変化に合わせてTANAPAを対応させるための話し合いが行われました。

会議の冒頭でデンベ博士は、「TANAPAは、50年以上も前に設立されましたが、それに従って、国政レベルで多数の政策が制定されました。不必要な対立をさせるために、私たちの方針を国の政策に合わせて調整する必要があるのです」と語りました。

局長を始め、責任者、公園管理人の全関係者が出席した会議では、TANAPAが公園における投資プロセスの恩恵を受けていることを受け、組織としてのDALPに関する記録文書の改善が求められており、この問題に関する詳しい話し合いが持たれました。憲章を見直すことで、スタッフを含めた顧客全体に対してTANAPAが提供するサービスの質が高まります。

 

 

 

英国、タンザニアに3頭のクロサイを寄贈

英国からムコマジ国立公園に3頭のクロサイが贈られた直後に英国高等弁務官のダイアン・コーナー氏と握手を交わす天然資源観光相のハミス・ カガシェキ大使(前列左から4番目)(写真:パスカル・シェルテッテ)

英国からムコマジ国立公園に3頭のクロサイが贈られた直後に英国高等弁務官のダイアン・コーナー氏と握手を交わす天然資源観光相のハミス・ カガシェキ大使(前列左から4番目)(写真:パスカル・シェルテッテ)

タンザニア国立公園は、英国から3頭のクロサイが贈られました。このサイは、週末中にムコマジ国立公園で、英国高等弁務官のダイアン・コーナー氏から、天然資源観光相を務めるハミス・ カガシェキ名誉大使に譲り渡されました。

引き渡し式典中にダイアン・コーナー氏は、同氏の母国である英国とタンザニアは、現存するサイの個体数を保護するという、共通の目的を分かち合っていると語りました。

これらのサイは、寄贈者であるジョン・アスピノール財団ポートリム野生動物公園のダミアン・アスピノール氏とアモス・ジョージ氏により英国からタンザニアに空輸されました。先週の土曜日、サイを載せた大型DHL 757航空機が離陸し、翌日の日曜日、午前7時20分にキリマンジャロ空港に着陸しました。

厳重な管理下に置かれたサイの一行は、午後2時30分にムコマジ国立公園に到着。ムコマジムコマジ・ライノ・サンクチャリーのオリに運ばれる前に、コーナー氏からカガシェキ大使に譲り渡されました。

式典の挨拶で、コーナー氏は、ジョージ・アダムソン野生保護基金のトニー・フィッツジョン氏と同氏の下で働く優秀で熱心なスタッフを誉め称えました。同氏とスタッフの努力により、ムコマジ・ライノ・サンクチャリーの建設や動物の確保、管理運営が高度な専門レベルに達したことで、寄贈されたサイを引き受け、保護や飼育を行い、希少価値のある生物の命を後世に伝えることが可能になったのです。

カガシェキ大使は外交特使に対し、タンザニアおよびアフリカ全体におけるクロサイ個体数の変遷には、期待を裏切られてきたと語りました。具体的には、1960年代には、アフリカには7万頭のクロサイがいたと推定され、そのうちの1万頭がタンザニアに生息し、アフリカ最大のクロサイ集団生息地を形成していました。

しかし、1984年までに、タンザニア内のサイ個体数は、1960年の1万頭に比べて70パーセントも減少し、約3千頭になりました。さらに悪いことに、タンザニアに生息するクロサイの数は、1990年までに97パーセントも減少し、100頭以下まで数を減らしました。これは悲劇以外の何物でもありません。

そして大使は、「急激なサイの個体数減少と国内での密猟活動は、依然として私たちの反密猟作戦にとって深刻な課題となっています」と語りました。カガシェキ大使は、国内各地の国立公園周辺に住む住民に対し、クロサイと他の極めて深刻な絶滅の危機にある野生動物が地球上から姿を消すような事態や、動物を絶滅させて、訪ねてきた人に、私たちの人間としての誠意と存在価値を問われるような事態を起こさないために、国内の野生動物保護機関の活動を最大限支援するよう依頼しました。

それより少し前に、タンザニア国立公園園長のアラン・キジャジ氏は、集まった観衆に対し、クロサイが、1996年の世界自然保護連合(IUCN)絶滅のおそれのある生物リストで絶滅の危機に瀕している「絶滅危惧IA類」として区分されていること、さらに絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約の付属書Iにも記載されていることを伝えました。

さらに、2008年3月14日に国立公園へと格上げされたムコマジについて、1980年代にクロサイが激減するまで最大のクロサイ生息地であり続け、推定では、ムコマジには1968年の時点で150頭から250頭のヒガシクロサイが生息しており、1キロ平方あたり9頭の割合でクロサイがいたと思われると付け加えました。1980年代には、個体数は20頭以下まで減少しました。

 

 

 

キリマンジャロ国立公園で清掃への意識を高めるキャンペーンを展開

タンザニア国立公園では、2012年5月25日から2012年6月4日の期間中、キリマンジャロ山で清掃への意識を高めるプログラムが実行されました。このキャンペーンの目的は、6月の新しい観光シーズン到来を前にして、キリマンジャロ山の周辺に住む住民の方々を、山の清掃作業に積極的に参加させることにありました。

このキャンペーンは、それ以外にも、さらなる効果を期待して地元住民に対し、トラッシュ・イン・トラッシュ・アウト(頭文字を取って「TITO」)と名付けられた山の清掃作業システムの改善法を中心とした自然保護に関する知識を深めてもらう意図がありました。

このキャンペーンでは、マラング(Marangu)から、マチャメ(Machame)、ウンブウェ(Umbwe)、ロンガイ(Rongai)、ムウェカ(Mweka)、ロンドロッシ(Londorosi)まで、6つある登山ルート全部で清掃作業が行われました。地元住民は、積極的にキャンペーンに参加してできる限りの支援を提供しました。さらに、今後も参加する意志を表明し、このキャンペーンは毎年行われる恒例行事となる予定です。

 

 


南部タンザニア保護区のネットワーク強化(SPANEST)プロジェクト

タンザニア国立公園(TANAPA)と国連開発計画(UNDP)は、先頃、「南タンザニア保護区のネットワーク強化(SPANEST)」として知られるプロジェクトを開始しました。

SPANESTは、生物多様性管理に対して景観アプローチを取る施設の間に存在する障害を取り除くために企画されたプロジェクトです。そして、国立公園における生物多様性保護の効率を向上させ、長期にわたりこのシステムに生態学や社会的側面、さらに財政面の持続可能性を与えることを目標に掲げています。

プロジェクトは、タンザニア国立公園の南部サファリ観光エリアを中心に展開します。この地域では、一部の例外を除き、政府が望ましいとするレベルまで国立公園の管理効率化が達しておらず、地域を訪れる観光客の数も少ない状態が続いています。プロジェクトでは、保護区(PA)における管理効率化の構築や各地域における人為的起源による圧力の軽減、地域内における生物多様性の現状確保を長期的な解決策と位置づけています。さらに、(a) 個別の保護区間に、大型ほ乳類の移動状況把握と気候変動による影響の緩和に必要な連携体制の欠如、(b) この地域に人を集めて地域へのさまざまな脅威を事前に防ぐための管理能力および財政計画の欠如に代表されるような、保護区における管理上の障害に対応しています。

このプロジェクトは、7つの地区で構成されたグレーター・ルアハ・ランドスケープ(3万7千キロ㎡)とグレーター・キツロ・キペンゲレ・ランドスケープ(2千150キロ㎡)の相互に結びつきのある2つの区域に重点を置き、景観を生態学上の区分として捉えることにより、異なる地形や共有地にある保護区の境界線を超えた景観レベルでの保護アプローチを適用することに論理的な根拠を置いています。これらの景観は、下記の判断基準に基づいて選ばれました。(1) 生物多様性における重要性 (2) 管理の必要性 (3) 管理の機会 (4) 政府の優先度の4点です。両区域は、環境学的に重要とされるルフィジ川流域の一部を構成しています。

 


 

 

アーカイブ »