カタヴィ国立公園

他の場所から孤立し、何の束縛もない、人々がめったに訪れることのないカタヴィは、真の野生の地です。ここを訪れる少数の冒険好きな人々は、1世紀前と変わらない、スリルに満ち溢れたアフリカを満喫することができます。.

タンザニアで3番目に大きい国立公園であるカタヴィは、国の南西部の人里離れたところにあり、浅く静かに横たわるルクワ湖で終わる断層である大地溝の中にあります。

カタヴィの大半は、もつれ合った、これといって特色のないブラキステギアの森で覆われており、姿を見せることがめったにないけれども、特定の場所に集まって住む、かなりの数のエランド(レイヨウ)、クロテン、ローン・アンテロープの住処になっています。しかし、何といっても公園内に住む動物の主な見所は、カツマ川とそれにつながる、雨季にしか現れないカタヴィ湖やチャダのような氾濫原です。雨季には、これらの緑に生い茂る沼地になった湖は、数多くの水鳥の天国になり、同時にタンザニアでももっとも密度の高いカバやワニの住処にもなります。

ですが、カタヴィがその本領を発揮するのは洪水が引く乾季の間です。浅い、泥だらけの小さな流れになり果てたカツマ川は、それでも数マイルの圏内で唯一の水源となり、川の両岸の氾濫原は、信じられないほど多数の動物の生命を支えています。推定4,000頭の象がこの地域に集まり、1,000頭以上で構成されるバッファローの群れもいくつか集まってきます。さらに、キリン、シマウマ、インパラ、リードバックなどがたくさんいて、氾濫原に餌場を集中するたくさんのライオンの群れやブシハイエナの一族にとって、簡単な狩の獲物になります。

カタヴィでもっとも素晴らしい野生動物のショーを見せてくれるのはカバです。乾季の終わりが近づくと、ときには200頭ものカバが集まって、川辺の水溜りで泥遊びを楽しみます。たくさんのカバが一ヶ所に集まると、オスの間での競り合いも激しくなります。ときには血を流すほどの激しい縄張り争いが毎日のように起こり、戦いに負けたオスは、再び挑戦できる準備ができるまで、隠れるところも何もない広々とした平原で、こっそりと忍び歩きます。

カタヴィ国立公園について
広さ: 4,471 平方km (1,727 平方マイル).
場所; 南西タンザニア、タンガニーカ湖の東。
中心のシタリケは、ンパンダ町の40キロ(25マイル)南にあります。

関税

交通
ダーまたはアルーシャからはチャーター便。
ムベヤ(550 km/340 マイル)からの困難だが壮観なドライブ、あるいは乾期のみはキゴマ (390 km/240マイル)からも可能。
ダーから鉄道でタボラ経由でンパンダへ行き、公共輸送でシタリケへ行くことも可能で、動物観察のドライブも手配可能です。 陸路で旅行するなら、移動にはかなりの時間がかかります。

過ごしかた
散歩、ドライブやキャンピングサファリ
カタヴィ湖付近で、伝説的なハンター(公園の名前の由来である)カタヴィが居住するタマリンドの木を訪問する - 精神の祈りを求める地方住民によってまだ残されています。

ベストシーズン
乾期(5月-10月)
公園内の道路は雨期にはしばしば水浸しになりますが、12月中旬から2月までは通行可能な場合もあります。

宿泊施設
チャダ湖を望む豪華な季節の常設テントキャンプ。 シタリケのレストハウスと公園内のキャンプサイト。 ンパンダの簡素だが清潔なホテル。

宿泊施設に関する追加情報

公園の規制、アクセス、周りを取得、関税、でパンフレットと利用可能な地図上の詳細はこちらから www.katavipark.org/information.html

www.katavipark.org

公園のポスター

Katavi Stream National Park poster

 

Giraffes in the Sunset

 

Elephant in a swamp

 

Hippos in a pool

 

Zebras and an Impala

 

Hippos fighting

 

Chameleon